古都・大宰府の風を育む会 ← 会のパンフレット

古都大宰府の風を育む会のホームページへようこそ

国の特別史跡である大宰府跡周辺には里山と呼ばれる竹林、雑木林が広がり、緑豊かな景色が広がっています。
この里山も自然に任せていれば成長が早い竹があっと言う間に密集し元の雑木林が竹林に置き換わってしまいます。
このため人の手により本来の里山の状態を維持していかなければなりません、程よく手入れされた竹林、雑木林は背景の四王寺山一体となり、訪れる人、住んでいる人に自然のやすらぎを与えます、また多様な生物の生息地としても重要でありこの良好な環境をずっと未来に送らなければなりせん。
私たちの活動は、月1回の程度の里山の手入れを中心に、切った竹を竹炭や竹細工にするなど竹の活用方法も研究中です。